大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

NHKに不備があっても謝罪がない。契約切替時に気をつけること

契約

はじめまして。

現在、夫と二人の子供と四人で暮らしています。


NHKの方が来たのは、新築戸建てに引っ越してすぐのことです。


受信料を二か月に一回コンビニ支払いにしていました。

ある日、年間契約にした方がお得だという案内を頂き、年間契約に切り替えました。

そしてしばらくして、「8月の受信料を二重で引き落とししてしまった。その分は翌月の支払いに充てるのでよろしく」という封書が届きました。

NHKはしつこく営業するのにNHKにミスがあった時には謝罪すらない

怒る
二か月に一回コンビニで支払いをしていましたが、ある日いきなりNHKの方が訪ねて来て、年間契約の方がお得だからそうするようにと言われました。

(それまで支払いが滞ったこともないですし、支払いを拒否するような姿勢もしていません)


二か月に一回の支払いから年に一回の支払いに変更になってしばらくしてから、


「8月(切り替え月)の受信料を二重で受け取ってしまった。かぶってしまった分は翌月の支払いに充てるのでよろしく」

という旨の手紙が届きました。


受信料を二重で受け取るというのは、こちらからすると信用に欠ける行為であったのにも関わらず、電話連絡や直接の謝罪もなく、手紙での連絡。


しかも二重で受け取った分は一度返金すべきだと思うのですが、勝手に翌月の受信料に充てられて不信感が募りました。


契約させる時や受信料の徴収の時は、しつこいくらいピンポンをならして何度も何度も訪問するのに、こういう時は直接来ないのか、と思いました。



最低でも、なぜそのような間違いが起こったのか書き記したり、二重取りした分を一度返金したりするなど、こちらの立場に立って考えればもっとやりようがあったと思います。



金銭が発生しているミスなので、誠意ある対応をしてほしかったです。

夜分に来ることが多いNHKは1度話を預かって帰ってもらいましょう

拒否
NHKの営業マンに言われるがままに契約してしまい、細かい料金の仕組みや細かい字の契約書をしっかり読まなかったこちらにも落ち度はあります。


NHKの営業マンには今まですべての引っ越し先で訪問されていますが、なぜか毎回夜7時から8時頃来ます


外から電気がついているのを確認して居留守を使わせないためでしょうか。

NHKの営業マンの気持ちも分かりますが、普通は夜7時以降には訪問しませんよね。

女性の一人暮らしの場合は夜に見知らぬ男の人が訪ねてくるのは恐怖でしょうから、早く帰ってほしくてあまり契約書も見ずに契約してしまう人もいるのではないでしょうか。

かくいう私もこの時は、子供の寝かしつけで非常に忙しい時間で一刻も早くその場を治めたかったのです。


みなさんは、一度契約書や料金体系の分かるものを一旦預かり、後日こちらから契約の連絡をさせて頂きますと伝え、一旦ドアを閉めることをお勧めします。



その上で、契約するのかしないのか、支払いの方法はどうするのか、冷静になって考えてから後日連絡することにしましょう。



もしかしたらNHKの営業マンは、その場で契約がとれず嫌な顔をするかもしれませんが、その場合こちらも強い意志を持って強い言葉で対応しましょう。

アポイントのない時はインターホンの音量をオフにする


そもそも、突然訪問してくる知らない人に扉を開けないことです。

わたしは子供が生まれて新築一戸建てに引っ越してから、新興宗教の勧誘や新聞の勧誘、子育てサークルの勧誘やオープンしたばかりの居酒屋の営業、悩みはないか聞いてくる知らないおばさん、あなたの幸せを願わせてくださいというおばさんなど、本当にたくさんの訪問を受けました。

赤ちゃんを育てていたので、やっと寝かしつけてもピンポンの音で起きて泣いてしまったりして、本当に参ってしまいました。


それからは、アポイントなしの訪問はでないこと、宅配便は時間指定することを徹底し、その時間以外はインターホンの音量をオフにしています。



そして、本当に必要で契約すべきだと思うものは自ら判断し、自らが動いて契約することが大切です。



例えば、水道、ガス、電気、インターネットは生活必需品と言えますが、あちらから営業に来ることはありません。自分で連絡しアポイントをとって契約します。



そのように生活に必要なものを自らが取捨選択し、不要なものにはしっかりと強い意志を持ってNO!というのです。



不要なものを携えてやってくる営業マンと話すのは時間の無駄です。営業マンにほだされて、不要な契約を結んでしまったら最悪です。



本当に必要なものには、自らが動いて契約する。それ以外はシャットアウト。これが大切です。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です