大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

新卒2年目が何の説明が無く態度の悪いNHKに対してすべき行動

初めまして。現在新卒3年目でイベント関係の仕事をしています。NHKが来たのは、新卒2年目の時でした。

NHKが訪問してきたときの態度が悪かった。不明な点を尋ねても回答が得られなかった。

何も説明しないNHKの営業マンは自分からアポを取っても当日に来ない

来ない
夜7時頃、夕飯を作っていました。

突然NHKが来て、自己紹介や名刺、訪問の目的など何の説明もなく、鞄から書類を出して《NHKですがこちらにサインと印鑑をお願いします》と言われました。

全く状況が把握できなかったので、説明を求めるとあたふたして、濁されてしまいました。

担当の方が片耳だけイヤホンをしていたのも気になります。

電話をしていて、向こうから指示を受けて発言したのではないか?と思ってしまいました。

そもそもそれだけでは本当にNHKの人か信用できません

見せられた契約の書類はNHKだったので、本当の人だと思います。

契約は義務です、と言うのですが、契約にあたっての説明がこの人だと話にならないと思ったので、別な人に聞きたい、と言ったところ

《後日出直すので、いつがいいですか?》

と聞かれ、3日後の夕方に来てほしい、と言いました。

しかし、翌日ポストにNHKの不在票のようなものが入っていました。

こちらが指定した日には来ませんでした。

それ以降は、電話も訪問もなにもありません。

義務であれば、そのような中途半端なことはしないのではないか、と思いますし、その時の態度が腹ただしいので、今後も契約する気はありません。

断るのではなく契約の意思があることを伝えましょう

伝える
家に訪問してくるようなNHKの営業マンは雇われ営業マンです。

つまり、NHKの本社の社員というわけではないのです。

NHKの契約を営業で決めることができたら、歩合で給料がもらえます。

契約本数が多ければ多いほど、もらえる収入が多くなるので、多少強引にでも契約を求めて来る場合もあるかと思います。

そして、訪問態度や契約内容など一般常識を理解しないまま、とりあえず各家を回って歩いている人もいます。

本社の社員ではないので、 「よくわからないからNHKに直接話を聞いてから、直接契約する」と伝えれば大丈夫です。

そうすると、その時は帰らざるを得なくなります。 NHKは放送法で、契約が義務付けられています

ですので契約に対して、「いいえ結構です」と答えると「これは法律で決まっています」と即言い返されてしまいます。

それだとずっと帰ってくれませんし、また後日家に来ます。

なので、契約の意思はあるもののお前とは契約しない、ということを伝えるのです。

訪問者が来たらドアを開ける前に相手が誰なのか確認すべき

確認
訪問して来る知らない人に扉を開けるときは、 まず相手が誰なのかを確認するべきです。

インターホンがあればいいですが、 無くてもどちら様ですか、と一声聞き、荷物の配達など、こちらが必要でなければ扉を開ける必要は無いと思います。

相手の都合で勝手に来て、押し売りするようなことに自分の時間を割く必要はありません

犯罪や詐欺などもあるので余計に警戒しなければなりません相手が何者かを確認することは必須です。

今の時代、一軒一軒訪問しなくてもインターネットや電話やメールなど簡単に連絡を取ることができます。

こちらが求めてないのに訪問して歩くという、非効率的な営業をしてるところは良くないのではないでしょうか。

NHK以外にも、うちには宗教や訪問販売など、様々来るので全てに当てはまると思います。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です