大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

東京に住んでいる大学生がNHKが来た時にすべき行動!

東京

はじめまして。現在大学二年生です。 NHKの営業が来たのは5ヶ月前でした。

地上と衛星の区別もよく説明してもらえないまま契約をしてしまいました。

夜の時間帯に訪問してきたので眠くてあまり何も考えられず言われるがままに契約を行ってしまいました。

テレビのある部屋が玄関から見える構造の家だった

テレビ
私も夜眠たいような時間帯に営業マンが訪れてきました。インターホンを出た時はNHKだとは名乗らずにきました。

その影響で誰だろうと不思議に思い出てしまいNHKである名前を明かされて、お話を聞くしかない状況になってしまいました。

玄関からテレビのある部屋が見えるような作りに僕の家はなっていたのでチラッと覗かれてテレビありますよねと言われました。

テレビをつけっぱなしで外に出てしまったためないとは言い切れずはいありますと言われ衛星放送か地上放送か確認したいのでちょっと中に入って確認してくださいと言われました。

もうどちらかを契約したかも忘れてしまいましたが、身内の話をこちら側にふってきて共感を求めてきました。

世間話をうまい感じでしてきて何故か親近感を出してきたので私はちょっともう話に耐えられないなと思っていました。

その後話にうまいこと乗せられてしまいその場で契約をしてしまいましたが後からかえってよく考えればよかったと本当に後悔しています。

その時家族割のプランを紹介されて親にも電話した覚えがあります。

本当に自分の確認不足でよく考えると訪問してきた営業マンを追い出せばよかったのに。そう後悔してしまいます。

トラブル回避のためにもその場での契約は絶対にやめるべき

回避
NHKの営業マンは雇われたと聞いて、それならばあの場で無理やり契約しなくてもよかったなと後悔しています。

僕はやはり東京に住んでいるのでインターホンには出ないのが1番良いのではないのかなと思いました。

やはり出てしまうと何らかのトラブルもなくはないということが今回の事件でわかったのでこれからは気をつけていきたいと思います。

皆さんも気をつけて欲しいなと僕は心から思っています。

今の時代誰がどんな役になり済まして営業をして訪問してくるか分からないのでいちどその場ではお引き取りいただいて後日本社に確認してそこから契約をするならばすると言う形をとるのが1番良いのではないかなとやはり思いました。

やはりあちら側も営業マンとしてある程度の成績を出さないと首を切られてしまうと思います。

こちら側もやはり生活をするためにお金が必要なので必死になってセールスしてくると思います。

どうにかしてその場で引き取ってもらわなければやはりどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません

やはり何度も言いますがその場で契約すると言うのは本当に危ないと今更ながら思います。

皆さん本当にその場で契約するのだけはやめて下さい。皆さんで気をつけましょう。

防犯の面でも訪問者はモニターで判断するべき

モニター
やはりネット社会になってきていろいろなことがあります。

訪問してくる人もどんな人かわからない時代になってきています。

人を疑うことばかりはダメだとは思いますがしかしながら疑わないともしかしたら危ない時期に巻き込まれてしまう可能性もなくはない時代に今はあると思います。

やはり防犯の面でもあるようにインターホンに来た人は訪問者は友人親戚等以外は出ないようにするのが1番良いのかもしれません。

許す頭が問題になっていますがそこはしっかりモニターで判断するのが1番良いのではないかなと思います。

疑うばかりではいけませんが本当に危ない人だって今の時代はそこら中にいます。

疑うこともやはり必要ではあるのではないかなと思います。

私もNHKの人が家に来て契約をしてからは訪問してきた客はいちどモニターで見てから少々時間を置いてから出るようにしています。

やはり疑うと言う必要性を今回で学んだと私は思っています。

信じることも必要ですしかし訪問販売においては信じる必要は無いのではないかなと思っています。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です