大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

専業主婦がすごい剣幕で犯罪者まがいのNHKが来た際にすべき行動

犯罪者

子供が2人いる専業主婦です。

3年前アパートに引っ越してきました。引っ越して1ヶ月ほどしたらNHKの方が来ました。

何度も何度も来ることです。契約せずにいますが、朝早い午前中、夜も来ます。

すごい剣幕で話すスタッフに不信感を抱いた

不信感
3年前にアパートに引っ越してきました。

その一ヶ月ほどたった頃、初めてNHKの方50代くらいのおじさんのスタッフが訪ねてきました。

出たら、出た瞬間に契約内容をばーっと一気に話されました

それは、私の話す隙をあたえないようにしてるように思えました。

普通であれば、お金を払う契約をするわけですから丁寧に説明し、質問も受け答えするのが当たり前だと私はおもいます。

しかし、あまりにもばーっと全てを話されよくわかりませんでした。

しかも、まだ若かったのもありますし、よくNHKについてもわからなかったので、少し怖かったです。

本当にNHKかもわからなかったですし、あまりの剣幕で早くしてください!と言われたのでまた詐欺かと思い絶対契約しないと思う程でした。

そのあとここにサインと必要内容を記入して下さい。と言われましたが、主人が全て通帳も、はんこも持っているので今は契約できない。と言って帰っていただきました。

あまりの剣幕で言われたことと、勢いで言われたのもあり、不信感からもうNHKの方が来てもでかいようにしています。

不快にならなければ契約していたと思いますが、とても怖かったので契約はこれからもしないと思います。

ありえない時間に来るNHKはプライベートなことを聞いてくる

聞く
朝早い時間だと8時頃、夜遅い時間だと21時過ぎに私のアパートに尋ねてきました。

普通に考えたらありえない時間ですよね。

そして、私が主人かいないことを言うと、何時頃帰ってくるか、何曜日休みなのか、とプライベートな事まで聞いてきました。

普通に考えたら、犯罪者かな?と思いますよね。

主人がいない時間を知られると、そのいない時間を狙ってもしかしたらその人が来るかもしれない。と思いました。

その人はNHKの社員のカードをぶら下げていたので本物のNHKの方ですが、常識的に考えるとそんな事聞いてくる人には不信感しか抱きません。

何度も今日は契約できない、といっても、これは義務ですので。と何度何度も迫ってきました。

契約する意思がありますが、契約できる通帳もはんこも持っていませんので無理です、と15分ほど言い合いをしたのちに帰っていきました。

なので、「契約したくない方はまず契約するものがないこと。」(口座番号などが分からないと契約できないため)

「何時頃家にいるか、何曜日いるか、聞かれても答えないこと。」

「ひつこく聞かれたら犯罪者と思われますよ。と注意すること。」

で帰っていただくといいかと思います。

契約する意思はあると、すんなり帰ってくれるかと思います。

犯罪者まがいで不信に思ったNHKとは契約しない

契約しない
私はまず、居留守をします。

以前契約する意思はあったものの怪しい態度や、普通ではありえない事を聞いてきたので絶対にNHKの方と分かったらでません。

基本は子供もいることもあり、宅配の人など以外は玄関を開けません

もしばったり玄関先で会ったりした際は、

「以前あった丁寧な説明がなかったこと」

「私が質問する隙をあたえないくらい速さで不信感を抱いたこと」

「何時ごろ家にいるか、何曜日いるか、など色々犯罪者まがいな事を聞いてきて怖かったこと」

を伝えます。

そして、

「どうしても契約してほしいならば、ポストに契約書を入れといて下さい。説明がわかるように書いてある物と一緒にお願いします。契約書は郵送するので。」

と言おうと思います。

まず玄関先で契約するのが私は間違いだと思います。

契約書を書けばいい話ですから、ポストに契約書、説明などが書いてあるものを入れておけば契約するかたもいると思います。

もう少し柔軟にNHKも動けばいいのになー、といつも思います。

態度がもう少し、威圧感がなく、丁寧に説明してくれたり、質問を答えてくれたりすればいいのに。と思います。

なので、週に2度くらいNHKの方が訪ねてきますが、何度も何度も来られても絶対に出ませんし、面と向かっての契約は絶対にしません。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です