大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

育児休暇中の専業主婦が詐欺まがいなNHKが来たときにすべき行動

育児

家族3人暮らし、現在は育児休暇中の専業主婦です。

全く見ないから契約はしたくないが、訪問がしつこくて息を潜めて居留守を使うのが、自分が悪いことをしているような気分になり、インターホンが鳴るたびに憂鬱になる。

詐欺まがいのNHKは説明もなくサインを求める

サイン
以前アパートに住んでいた時も、夜遅くでも構わずに訪問してくるのがとても迷惑でした。

全く見ないものにお金は払いたくないので。息をひそめるように居留守を使い続けるのがとても憂鬱でした。

数ヶ月前に、新築を購入し引っ越してきたのですが新築が並んでいるところなので目をつけられたのだと思います。

夜遅くにインターホンが鳴り、いつものように対応する前にモニターで姿を確認したのですがわざとモニターに移らないように立っていたようで姿が確認できませんでした。

一度は無視したのですが、しつこく鳴らされたので仕方なく対応すると、「NHKです。今日は集金などのお話ではないので‥」と言われたのでしぶしぶ玄関を開けて話を聞きました。

その時にも「集金とかではないので」と言い話はじめたので、適当に聞いていたら、

「では、とりあえずこちらにサインだけいただいてもいいですか?」

と出してきた紙の説明はすることなくサインを求めてきた用紙は契約書でした。

集金とかではないのでと言って対応させて、契約に関しての話とかはしないで契約書にサインをさせようとするのは詐欺まがいだと思います。

だいたい小さい子供がいるのに夜遅くに訪問されるのも非常識だと思います。

訪問したくないと思わせるようにすべき

嫌がる
NHKの営業マンは、前はインターホンを鳴らしたあとにモニターに首から下げたネームカードを提示してきて、NHKですと見てわかるくらいの対応をしてきていたように思います。

が、最近訪問してくる営業マンは、大学生か?と思うような私服で訪ねてきたり、モニターに姿が映らないようにしてみたり、どうにか誤魔化して無視されないようにしようみたいな感じがします。

そしてこちらが仕方なく対応すると、名前はとりあえず名乗るものの、契約やお金の話ではありませんよーみたいなことを言って玄関をあけさせようとします

そもそもそんなやり方はどうなのかと思いますが。

そして玄関を開けてしまったら、違法だと言ってみたり、なんの説明もなしに軽い感じでとりあえず一筆もらっていいですかとサインさせようとしたり、サインしないと帰らないくらいの勢いできます。

そんな手口に乗らないために、玄関を開けないことこれにつきると思います。

何度もインターホンを鳴らされたり、しつこいときはモニター越しに、

「小さい子供がいて寝てるのに安眠妨害するなんてどういうつもりだ」

と少しヒステリックなふりでもして、この家の主は少し厄介な人っぽいなと思わせ、訪問したくないというイメージをつけるのが良いかなと思います。

知らない人=NHKの営業マンの可能性が大きい

知らない人
最近自宅に訪問してくる人といえば、自分の身内、知人以外には、

郵便局員、佐川急便配達員、クロネコヤマト配達員、コープデリ配達員で、

しかも担当地域があるのでだんだん顔なじみになってきますし、みんな決まった制服を着ている人です。

それにそう言った人たちはみんなしっかりとモニターに姿がうつるように訪問してきます。

なので、モニターで確認した時に、制服を着ている様子がないとか、むしろモニターにすら姿が映らないように立っているなんて人が来た場合は知らない人=NHKの営業マンの可能性ありです。

なのでそんな人が来た場合は無視する対応しないといいと思います。

配達だったりよっぽど重要な訪問ならば、ポストになんらかのお知らせを入れることもできます。

たいした用があるわけじゃないセールス目的の訪問であればそういったものは全て無視すべきです。

つい対応してしまった時には、本当に迷惑だからもう二度と来るなと追いやって、面倒くさい家主アピールをするに限ります。

面倒くさい人とわざわざ関わってまで、成績を伸ばそうと思う営業マンはなかなかいないと思います。

私だったらこの面倒くさい家は何か問題があっても厄介だから関わるのはやめておこうと思います。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です