大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

フリーランスの女性がNHKの料金の二重請求にあった場合に対応方法

フリーランス

こんにちは。現在32歳女性でフリーランスの仕事をしています。この間NHKの受信料に納得いかない部分があった時の話でした。

私の自宅にテレビが2台ありますが、2台のうち1台はテレビ放送が見られるようになっており、もう1台は無料だというスカパーで一つだけ放送が見られるようにしています。

しかし法律では受信契約がこの場合1台分でいい契約なはずなのではと思いませんか。受信料の請求書が2枚来ました。

NHKの勝手な判断で2枚の請求書が送られてきた

2通
NHKの契約が2台分来たというのは少しおかしいです。

詳しい先輩達の意見を聞いても受信料はテレビが2台あれば1台分だけでいい、スカパーは無料となっているのに、何かおかしいです。

この受信料の請求書が来る少し前にNHKの関係者かもしくは似たような人がこっそり1件ずつ住宅を調べている気配はしました。

確かにテレビは2台あるけれど、何も言葉や説明をしていないのに、請求書が今まで1台分しか来なかったのが2台来たのはおかしいと思いました。

あまりにもおかしいのであちこちに電話したり知っている人に聞いても1台分でいいと言うから、1台分のみ払いました。

よく人から説明も聞かずに請求書が来るのはおかしいです。

そもそもスカパーはもっと前から契約していて無料でやっているのにテレビも見れないのに、アンテナ見ただけで請求されても困ると思います。

もう少しで2台分の請求をしてしまうところで家庭が損をしてしまうところでした。

あまりにもNHKの勝手な判断で請求書で払うようにさせているところもおかしいと思いました。

テレビはいつも3人で同じテレビからテレビ放送を見ているし、NHKもあまり見ていません。請求書はよく確認してから送ってほしいです。

何台テレビを持っていようが契約は1台分で問題ない

テレビ
もしNHKから請求書について勝手な請求の電話がかかってきた場合はスカパーを完全に無料でもやめてしまうことを考えました。

そもそもスカパーよりもアンテナがあるからいけないのかと思い、もしものことがあった場合はスカパーを見るのを辞めようと思いました。

スカパーは誰が見ているかというと父だけであり、母と私は全く見ません。

スカパーの方ではきちんと契約しており放送も一部見られるようになっています。

テレビの方は見られませんが一番の解決方法はスカパーをやめて、スカパーの機械も捨てることを考えました

一応受信料1回分払っただけでしたが、電話も何もかかってきませんでした。

テレビのことで何か言われた場合はテレビも捨てようかと考えていました。

テレビは昔のアナログを使用しておりチューナーも買いましたが、家庭ではアンテナの事情によりテレビも見ることは出来ませんでした。

自宅にテレビ1台あれば十分です。

法律では2台あっても同じ住宅に住んでいる場合は1台分だけでいいとサイトを見てもかかれていました。

失敗しないためには設置無料という言葉に誘われず、スカパーなどの動画放送はなるべく関わらないようにすることが一番の解決方法だと思いました。

便利だからと必要以上の契約はすべきではない

NO
今後同じことを繰り返さないためには、まずテレビをこれ以上買わないようにすること、動画媒体をあまり買わないようにしています。

もし急に法律で2台以上あると2台分の請求が必要となった場合、困ってしまうからです。

もちろん今の状態と証拠も必要だし、請求がまた来たらNHKに電話する用意もしておいた方がいいです。

あまりにも勝手な都合で請求書が来るのは困ります。

半月はそのNHKの受信料のことで家庭は悩んでおり、困っていました。

そもそもアンテナがあるといけないのでアンテナが必要な媒体は買わないようにしています。

契約もなるべくしないようにして、便利なものを使いすぎないようにするのが先決です。

あまりにもこういう媒体に頼ってしまうと、自分がどの契約に入っているのか、家族はどうなっているのか分からなくなります。

家族にこういう契約をしているというのは伝えておくべきですが、全部のことを伝えるのも難しいです。

契約のことは父がやっていますが、父以外にも一応書類は目を通したり、しっかり書類を管理しておくことも必要になります。

もし困ったとき契約がどうなっているのか分からないとNHKに直接聞かなければいけないし、大変な思いをします。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です