大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

自宅兼美容室のお店側に訪問してくる非常識なNHKにすべき対応

美容室

はじめまして。現在、夫と自宅で美容室を営んでいます

6年前に今の自宅兼店舗を建て、openして間もなくすると、NHKの営業の方が突然訪ねてきました。

自宅なら居留守もしくは玄関をあける事なく追い返す事ができたのですが、その人は堂々と店舗の方へきました。

NHKは全く見ない!!と言って断ろうとしたら

「TVは何台お持ちですか?」「スマホはお持ちですか?」

誘導尋問をし始め、TVやスマホを持っている時点で契約の義務がある!!と強引に詰め寄られた事はありませんか?

自分の身分も名乗らない非常識なNHKにまくたてられた

名乗らない
6年前に引っ越してきてしばらくたった頃、営業の方が訪ねてきました。

特に自分の身分も名乗る事もなく話をはじめたので、こちらもわけがわからず、とりあえずきいていました。

いきなり「TVはお持ちですか?」と。「ありますけど…」と答えると「じゃぁ、NHKの受信料の支払い義務がありますので、これを書いてください。」と、紙を渡されました。

「NHKは一切みないんですけど…」と伝えると「でもスマホはお持ちですよね?」と、まくしたてるように聞いてきました。

「持ってます…」としか言いようがなかったのですが、その後に「あー、スマホ持ってる時点で契約義務が発生するから~」と。

ほかにも「車にカーナビはついてますか?」とも聞かれました。

せかされるように記入しろと紙を渡され、「口座引き落としにするので口座番号を教えて下さい」と。

普通に考えて、いくら必要だからといっても見ず知らずの他人に、自分の大事な口座番号を教えるなんてありえない!!と思い、

「それは個人情報なので、あなたにはおしえられません!!」と伝えると

「えっ!?なんでですか???答えてもらわないと困るんですけど…」だそうです。

非常識にも程があると思い、そのまま追い返しました。

雇われ営業マンには自分から質問攻めにしてしまいましょう

質問攻め
NHKの営業の方はNHKの方ではなく、雇われている方だという事は知っていましたので、まず

「人の家に突然訪ねてきて、自分の事もきちんと名乗れないような人とはお話しできません!!」

と言うようにしています。

たいていの人は、首から下げている身分証明証のようなものをチラッとしかみせてこないので、「もう1回みせて下さい!!」と伝え、みたあとに

「これってNHKに雇われているだけですか?」「NHKと関係あるんですか?」

「NHKの人に遅い時間(21時過ぎとか)に行けって言われてるんですか?」

「その質問はマニュアルがあるんですか?」「何でこの仕事を選んだんですか?」

など、こちらが逆に一方的に質問をするようにしています

なるべく、話しを聞かずに追い返せればいいのですが、なかなかそうもいかないので、とりあえず

「TVはあるか?スマホはあるか?」の定番の質問の後に

「むしろ今どき持ってない方がおかしいですよね!!どちらもありますけど、突然来た見ず知らずのあなたと、今契約するのはオレオレ詐欺以上に怖いので、お断りします!!」

とお伝えしています。

あとはその後も、あきらめる事なく食い下がってきた場合は、効果があるのかはわかりませんが、NHK撃退シールというのをみせます。

NHKから国民を守る党というのが本当にあるのかはわかりませんが、そこの「立花孝志さん」というお名前を出すといいらしい…と言うのを聞いた事があったので使っています。

あちらも「その人は関係ありませんよ!!」と強気な態度をとりますが、今のところはこれで対応しています。

アポなしの訪問は全て無視すべき

無視
対策としては、誰かが自宅に訪ねてきた場合(そもそも頻繁に人が訪ねてくるようなお家なのかどうかにもよりますが)インターホンごしでの対応しか方法がありません。

大概の人が、自分の自宅にどんな人が訪ねてくるかは、おおかたわかっていると思います。

いいとこ宅配便の配達員か、郵便物を届ける人、その他は契約している配達員くらいだと思います。

友人・知人が訪ねてくると言っても、アポイントメントなしで訪ねてくるような方、そうそういませんよね。

それ以外の、見ず知らずの人はインターホンごしに断るか、ムシをすればいいと思います。

直接あってしまうと、向こうの思うツボだということです。

とくに高齢者の方は、スマホで調べたりするわけではないので、話を聞いただけでよく理解できないまま書類にサインしてしまう事があるので、同居している家族がとくに気にする必要があります。

NHKに限らず、訪問販売のような勧誘はなるべく無視するように言い聞かせています。

もちろん、スマホが普及している今の時代、わざわざ家の固定電話に連絡をしてくる人も、怪しいのですべて疑っています。

知り合いなら携帯番号を知らないはずがないので、出ても名乗らないようにして対応しています。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です