大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

パート主婦が夜遅くの非常識なNHKの営業が来たときにすべき行動!

パート主婦

初めまして。パート主婦です。
NHKの嫌な営業が来たのは夫と結婚したばかりでアパートに住み始めた頃です。

NHKを全く見ないのと、以前住んでいた地域では事情を話すと帰ってくれたのですが引っ越し先の地域に来た営業マンはとても威圧的で強気な態度

「NHKの契約は義務です。法律で決まってる。テレビがあるご家庭は全て契約していただいています。契約を了承してもらえるまで帰ることができません。」

と言われました。

 

謙虚に説明してくれればまだ聞く耳を持てたのかもしれませんが、あまりにも威圧的で怒ったような態度や私に呆れたような態度だったので本当に不快でした。

いきなり訪問してきてこの態度はおかしいですよ

夜分の非常識で強引な営業で恐怖を感じた

夜のアパート
NHKの営業マンは21時前に訪問してきて初めは居留守を使ったのですが何度もインターホンを押し、しまいにはドアを手でドンドン叩いてきました。

21時という時間帯にも関わらず「NHKでーす」と大声で言い隣のお宅にも迷惑になると考えた私は玄関先まで出てしまいました。

 

開口一番、「すいません、電気ついていたので居留守使ってると思ってしつこくインターホン押してしまいました。ご主人も不在ですよね?」と。

車もチェックしており主人が不在なのを分かっていたようです。女性だけと分かってかそれからの態度は強気そのものでした。

正直21時と夜の時間帯に威圧的な男性営業マンと一対一で話すのは恐怖でした。

 

私が女だということをいいことに、難しい言葉を多用して捲し立てるように話が始まりました。

私は「お金の事は主人に任せておりますので、主人がいるときにしていただけないでしょうか?」とお願いしました。

しかし、NHKの営業マンは「いや、ご主人どうこうじゃなくて契約は義務。みんな契約してます。このアパートで契約してないのあなたの家だけですよ?」と。

私は「主人に聞かないと分からないのでごめんなさい。」と無理矢理ドアを閉めようとしたのですが、NHKの営業マンは「今日契約して頂かないと私帰れませんので。」と。

契約することは義務でしないと大変な事になる、国民の義務だ、法律で決まってる、みたいな事を延々と言われ続けました。

私は気持ちが折れてしまいついに契約書にサインをしてしまいました。

 

帰ってきた主人には夜の訪問には出ないようにと言われました。とても心配してくれてNHKに電話をしてくれました。

しかし電話の対応も淡々として感じが悪く「営業に注意しておきます。」くらいの対応で、こっちが恐怖を感じた事にはすみませんでした、くらいのそっけない応対でますます不快になりました。

こんなことなら電話しなければ良かったと思うくらいです。

夜分のしつこいNHKの訪問にはドアホンで対応するべき

ドアホン
遅い時間にも関わらず訪問してきてズカズカと入り込んでくる営業マンはロクな人ではありません。

常識ある方ならそんな遅くに集合住宅に営業に来ないし、失礼な態度を取らないと思います。

ドアまで叩いてくるなんて論外ですよね。女性の一人暮らしやご主人が不在な家庭も多いと思います。

ですので、まずは安易に玄関先に出ないのが一番です。あまりにもしつこくて出なくてはいけない状況の時はまずはドアホンで出る。

主人がいないと分かるととても強気に出てくるので、もし不在でもお風呂に入ってる等言った方が良いかと思います。

しつこい営業マンは主人がお風呂から出るのを待つなどと言うと思うので、「夜分で集合住宅なので御近所にも迷惑がかかるのですみません。」とでも言いましょう。

しかし営業マンは契約を何としてでも取りたいので「義務だ。法律で決まってる。」等言いがかりを付けてくるかと思います。

そんな時は「今日は遅いので明日朝NHK本社に電話して契約の事を詳しく聞こうと思います。」などと言っておきましょう。

それでもしつこいようなら「NHKに電話して報告します。」と言ってしまっていいと思います。

だって本当の事ですもんね。非常識な時間帯に訪問してくるのはNHKにも問題があるので報告していい事案だと思います。

トラブルを避けるためにも知らない人の訪問には出てはいけない

出てはいけない
私はこのNHKの営業マンのおかげで、よく分からない人には簡単に応対しない!という事を学びました。

NHKに限らずいきなり訪問してきてしつこくするのは何らかの営業マンです。そういう方は仕事でやってるのでとても必死です。

それも分かるのですがこちらとしては家庭にも事情があります。彼ら営業マンたちは契約をとる、物を売ることしか考えていません。恐らく歩合制もあるのでしょう。

そんな人の訪問に玄関先まで出てしまったら最後です。簡単には引き下がってくれません。中には捨て台詞を吐く営業マンもいました。

言われた身としては本当に不快ですよね。

 

居留守とバレてもいいんです。出る、出ないは私たちの自由です。強制ではありません

だって本当に手を離せなくて出られない場合もあるのですから。うっかり出てしまうと本当に面倒くさいです。

人間は争いを避けたい生き物です。ですのでついトラブルにならないように、と契約してしまったりするのです。

宅急便や郵便以外の分からない人の訪問は完全無視してしまうのが正解だと思います。
NHKも契約が法律で決まっているのなら全国民に封書で案内とか出すべきでしょ?

そういうのがないのですから無視してしまって大丈夫です。知らない人の訪問には安易に出ないということを肝に命じておきましょう。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です