大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

30代主婦が庭を徘徊してくるNHKに対してすべき行動

主婦

初めまして。30代の専業主婦です。数年前に新居を立て、しばらくするとNHKが夜にやってきました

NHKなんて全く見ません。見たくもありません。勝手に放送しておいて、見なくても受信料を払う義務があるっと言う言い分の意味が分かりません。

見たい人だけ契約して払うようにしたら良いとおもいませんか!?

庭を徘徊しだしたNHKに恐怖を感じた

夜の庭
新居に引っ越してしばらくした、夜の9時ころ。まだ小さい子供を寝かしつけて、やっと自分も寝れると思った矢先、インターホンがなりました。

夜だし、インターホンの画像をのぞくと男性でしたので、怪しいと思い無視しました。すると何度もピンポンピンポンとインターホンを鳴らすのです。

当時、玄関のすぐ横を寝室にしていました。

やっと寝た子供が目を覚ましてしまうのを恐れ、仕方なく室内からインターホンに対応しました。

するとNHKのものだといい、身分証?のようなものを、インターホンごしに見せられました。

すぐさま「結構です」といい、インターホンを消すと、すぐさまインターホンをならし、「○○さーん!○○さーん!」とバカでかい声で呼び始めます

はっきり言って近所迷惑でした。しかたなくインターホン越しに対応しました。

「私では分からないので、主人に聞いてくれ。子供が寝ているから静かにしてください」と言いましたが、

「TV持ってますよね?確認するので個人情報教えてください。」と意味不明なことを言い始めました。

「いやです」と言い、インターホンの電源を切ると、今度は玄関のドアを叩き出しました

「迷惑です。辞めてください。警察呼びます」と言うと、「ポストに名刺を入れておく、また来ます。」

と言って、帰ったのかと思いきや、なんと我が家の庭を徘徊しだしました

砂利がひいてあるので足音が聞こえます。

TVがあるかを庭から確認しようとでもしたのでしょうか…5分くらい徘徊すると帰っていきました。

本当に怖かったです。

次の日、警察に電話しました。

ポストに入っていた名刺の名前も教え、個人情報を聞かれて、自宅の敷地徘徊をされたっと話しました。

そしたら警察から、NHKの営業所に電話が入ったらしいです。私は結局ネットで契約しました。

NHKには曖昧な態度ではなく強気で接しましょう

強気
NHKの営業員は歩合制なので、なにがなんでも契約させようとしてきます。

自分の給料に直結しているので、それはもう必死になって契約を取ろうとしてきます。

早朝だろうが夜中だろうが、そんなのお構いなしです。

基本的にNHKの営業員は、必ず首にナビタンという機械をぶら下げています。

画像付きのインターホンでしたら、それを首からぶら下げているのに気が付いたら、無視した方がいいです。

あと画面に名札を見せつける営業員もいます。

そういった人がきたら対応しないようにしましょう

居留守を貫きます

それでも帰らなければ、NHKの職員だと言って、お金をだまし取る輩がいるそうですので、それを言い、信用できないので名刺をくれといい、あとで本社に確認する、確認がとれたらネットで契約するつもりだから、もう来なくてもいいですっと言ってやりましょう!

それで帰ってくれることもあります。

あとTVがないと言ったら、確認させてくれと言ってきて、一歩でも中に入ったら、すぐに110番通報してください。

不法侵入になりますので、警察が来てくれます。

NHKに対しては、けっして曖昧な態度は禁物です。

考えさせてなども通用しません。常に強気の態度で接しましょう。

訪問者が勧誘してきたらすぐにインターホンを切るべき

インターホン
とりあえず非常識な時間に訪問してくる輩には、対応しないことです。

一般的な会社や、人間はひとの迷惑になるような時間には訪問してきません。

何度も何度もインターホンを鳴らす人や、ドアをドンドンたたく人も、絶対にロクな人ではありません。

決してドアを開けたり、対応をしないようにしましょう。

ほとんどが、NHKや押し売り、宗教の勧誘などの場合が多いです。

あと困ったときは警察に通報しましょう。

自分自身もNHKの営業マンのことで、実際警察に電話しました。警察には110番以外にも、相談に乗ってくれる電話窓口があります。

困った事、悩んでいる事など、なんでも相談することができるので、こちらを活用するのも良いかと思います。

今の世の中、むやみに玄関のドアを開けて対応するのは怖いです。

基本的には、インターホンでの対応で終わらせた方が安心です。

引っ越しをしてすぐは、NHK以外にもいろいろな訪問販売や、新聞屋さん、宗教の勧誘などが頻繁に来ることがあります。

本当にうっとうしいです。相手が名乗った瞬間に、すぐにインターホンを切りましょう

下手に話を聞いてしまうと、相手に、カモになりそうと目を付けられ、しつこい勧誘が始まりますので注意しましょう。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です