大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

機械に疎い母や一人暮らしの年配がNHKの訪問時にすべき対応

機械音痴

はじめまして、32歳の母と二人暮らしの営業で働いてる関東在住です。NHKが来たのは3年前でした。

引っ越しでテレビを処分してPCもなくiPhoneはありましたが、テレビを視聴するものは何もない時に母が一人の時に来たNHKに強制的に契約をされてしまいました。

母はそこら辺に疎く、テレビはなくても携帯でテレビ視聴出来る時代だから、テレビはなくてもPCや環境がある人には同等に支払いしてもらってると言われ契約されました。

一応テレビ機能は多分ない携帯だと話したらしいですが、そんな携帯ほぼないと言い切られたそうです。

機械に疎い母がNHKの営業に言いくるめられた

言いくるめられる
母が一人の時に訪問があり、テレビが無いことを伝えたのにもかかわらず、携帯やそういった機器に弱いと気付かれたのか面倒だったのか分かりませんが、しっかり確認もせずに、

「携帯があればテレビ視聴が出来る」

「テレビだけではなくそういった環境も対象なので、NHKはほぼ全ての家庭に支払い義務が今はあるんですよ」

と言いくるめられました。

母も疎いながら嘘ではなく事実として、テレビ視聴出来るものがないことを失礼のないように説明したそうですが、相手にされず

「使えてないだけじゃないのか?」「知らないだけですよね?」

との上からの半笑いで言われたそうです。

帰る素振りもなく、分からない単語や話で捲し立てられる様な感覚になり、みんな払ってる、払わなくていいケースはないとのニュアンスだったので、諦めて契約と支払いをしたそうです。

話を聞いたのは数ヶ月後だったので、念のため私から再度支払いに関する問い合わせと、嘘ではなくその時説明した通り、そのような環境はなく支払い義務はないとの事を伝えました。

しかし、納得の上契約しているのでとキャンセルも返金も対応して頂けず、しまいには今後テレビ買うことないんですか?と無いことを馬鹿にするような感じで言われました

年配の一人暮らしにはきちんと説明をしておくべき

年配 一人
若い人と違って年配の方だとワンセグで見れるとか、携帯で見れると言われると、分からずそうゆうもの、時代なのかと信じて促されて契約してしまう事があると思います。

一人暮らしの年配のご家族がいる方で、テレビもなくPC環境や視聴する機器がない場合は、必要ない事や、今は実際テレビ以外にも見れるものはあるから、そうゆう人は払わなくてはならないけどうちにはないから、払わなくていいんだと、背景と合わせて説明してあげる必要があると思いました。

昔の方はやはりNHKと聞くと、正しい人達支払わないと悪なのではないかと思いがちだと思います。

もしあまりに話がわかってもらえない場合は娘から連絡させますとか代わりに対応をしてあげることが必要かと思いました。

少し面倒かつ、そういってすんなり帰るかも微妙なので骨は折れるかとは思いますが、毎月払うことを考えれば不必要なお金をそのような形で取られるのは勿体無いです。

何より悔しく契約してしまうと対応はたらい回しや、遅かったりで余計にストレスになりますので、最初にいかに毅然とした態度と対策で迂闊に契約をしない、言いくるめられないかの対策が大事だと思います。

一人暮らしは特に注意が必要です。

トラブル防止のためにも突然の訪問には無視を貫くべき

無視
NHKに限らずこのご時世にいきなり訪問で契約やヒヤリングをかけてくる人や企業には不信感を持たなくてはならないです。

家にはあげない事はもちろんながら扉を開けるのもよく考えて、なるべくはされない方がいいかと思います。

危険かリスク、面倒ごとを引く可能性が限りなく高い行為と思われます。

いらないですとか、結構ですなどの断り文句は食い下がられる場合は、逆恨みされてしまうケースもあります。

なので、ぐっと堪えてこれから出かけなくてはならないなどの致し方ない理由をていに、必要なら連絡こちらからするので、ポストに詳細や名刺を入れておいて下さいと丁寧に簡潔に言い切るのが、一番安全かつ早く済むと思われます。

またいっそ居留守を使い、インターホンも出ないのも手かと思います。

宅急便や書留が来る場合は別ですが、それ以外で家にいきなり来ることなんて、必要性あるものではほぼないに等しいと思います。

ちゃんとした何かなら不在票やら、再度呼び出せる手段や方法があるので、断るのが苦手とか一人暮らしの若い女性やお年寄りは、突然の訪問は無視すると決めて貫いても大きな問題なく、対応策の一つとしてはありなのかもしれません。

冷静に毅然とした振る舞いと落ち着きで臆することなく対応しましょう。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です