大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

上京して一人暮らしを始める未成年女性が失礼なNHKにすべき対応

上京

はじめまして。地方から上京して大学生でひとりぐらしをしております。NHKの方とあったのは一人暮らしを始めてすぐの時です。

引っ越したばかりで、家にテレビがないのでNHKの番組なんて全然見れません。
それなのに、無理矢理に契約をさせられました

真実を話しても信じてくれないNHKに恐怖を感じた

恐怖
大学に合格して、ど田舎から念願の上京をして、初めての一人暮らしの生活にワクワクしていました。

引っ越しで荷物を運んでいる当日にNHKの方が突然自宅にはいってきました。引っ越しで荷物を降ろしているまさにその最中です。

「東京では引っ越ししたら、絶対即日にNHKと契約しなければならない!」と一方的かつ大声でまくしたてられてびっくりしました

私は引っ越しにあたって、家電は引っ越した先で揃えようと思っていて、テレビはまだ購入していませんでした

もともと引っ越し前から家でテレビを見ることは少なく、ネットで動画を見たり、スマホで情報を確認することが多かったので、あまりテレビを買うことは考えてなかったので、その旨お伝えして、もしテレビを購入したらその時は即日で契約すると伝えました。

でも、NHKの方は信じてくれません。運んでいる荷物をジロジロみて、家の中に入り込もうとまでしました。

未成年の女の一人暮らしの家にです。

親が止めても上がろうとしたので、田舎者の親も私も怖くなってしまい、一カ月以内にテレビを買わなかったら解約オッケーという、後から考えるとわけのわからない条件をつけてからの契約をかわしてしまいました。

NHKの営業マンは相手の迷惑なんて気にしない

無関心
NHKの営業マンは契約数で給料が決まってきます。とりあえず契約を取れれば後はどうでもいいと思っています。

そのために迷惑なんて気にしないで、強引に引っ越しをしている中でも入り込んで契約を取ろうと躍起になっています。

田舎から出てきたばかりなんてカモがネギしょっているようなもので、とてもおいしいらしいそうです。

私は田舎から出てきたばかりで、東京に対する劣等感や恐れがありビクビクしていたところを付け込まれたと思っています。

毅然とした態度ではねつけておけばよかったです。

テレビがないのに契約なんておかしい!とはっきりはねつけて契約しなければよかったと思ってます。

不明なことやあやふやなことはそのままにしないで、

「直接NHK本社に質問して納得してから入ります。」

と伝えて、契約の意思はあっても、あなたとはしないとはっきり突っぱねてしまえばいいです。

それでも食い下がるような人には、名刺を要求して「NHK本社経由であなたに連絡します」とはっきり言えば大人しく帰っていくそうです。

法律が、東京では当たり前だ、とか色々と上から目線で言われても全てはねつけて淡々と本社に直接連絡します、これで大丈夫だということでした。

基礎基本ができていない失礼な営業の話は聞かないべき

聞かない
そもそも、引っ越しの途中でバタバタしているときに無理矢理入り込んできた人を相手にしていた私の方も無知でした。

忙しいときに相手の状況を考えずに自分の話だけを無理矢理してくるような人に対して、話し合うことは無駄です。

もし本当に必要なことであれば、引っ越しが終わって落ち着いた後日に出直してくるべきであるしそれは契約のプロである営業さんにとっては基礎基本であると思います。

基礎基本がなっていない人に対しては、こちらも誠実に対応することなく話を聞かなければ良いと思います。

話を聞いても、私にとっては無駄なことで利点は思いつきません。

契約を持ちかける方が失礼な態度ならば、こちらも同じような態度をとっていい思います。

また、契約は双方ともに納得してから契約を交わすことが当然でした。

私のように条件をつけて契約するならば、その旨をキッチリ契約書に明記をすべきでした。

また一カ月とかあやふやなことではなく、日時を明確にしてそのときに先方から連絡をもらう、先方からの連絡がなければ契約は破棄するなどと、もっと詳細に突っ込んでおけばよかったです。

納得できない、不明点がある契約は納得できるまで説明をうける、納得したら契約することにしていくといいと思います。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です