大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

新天地にアポなしで強引に部屋に入ってくるNHKに対してすべき行動

新天地

はじめまして。現在社会人3年目の会社員です。NHKが来たのは、2回目の学生生活2年目の時でした。

テレビは見ておらず、テレビぐらいの大きさのPCモニターを持っている方はいませんか?

アポなしNHKは強引に部屋に入ってきて騒ぎ立てる

強気
新天地での学生生活2年目。テレビは不要と考えておらず、設置していませんでした。ただ、テレビ大のPCモニターを設置していました。

ある日、アポもなしにNHKはやってきました。急いでいたため、「応対出来ません」と断ったのですが「義務だ」とドアの前で喚きたてられました。

電車の時間が迫っていたので、

「私は友人と約束している。電車の時間が迫っている。あなたと話したことで電車に乗り遅れ、信頼を失ったらあなたはどう補填してくれるのか?私の信頼と貴方と話す事、どっちが大切かわかるか!」

怒鳴ったら、いなくなりました。

後日、夜8時過ぎだったと思います。再びNHKがアポなしでやってきました。

私のマンションはオートロック式だったのに、何故かドアの入り口までやってきました。

「アポなしで来られても困る」と言いましたが、半ば強引に入ってきて、私のモニターを指差し

「テレビを見ているのでNHKに契約して欲しい。このマンションはBSが見れるのでBS契約もして欲しい」

と言われました。

強引に来ている事。あれはTVではなくPCモニターだ。と言い張っても、頑なに聞かない

大声でヒートアップしても一向に引かない。最後は、近所の人がやってくる始末。
これから、長い間生活する場所なので、しぶしぶ契約しました。

「長い時間とらせました」と吐いて捨てるように言われたので「その顔と名前覚えましたから」と言い返すので精一杯でした。

話を聞く前に相手の身分等を確認すべき

確認
入居するマンション、アパートは衛星放送対応物件でしょうか?

まずそちらを確認して下さい。

NHK職員はどのような物件でも「この建物はBSが見れる建物です」と言います。

BS契約の契約料はとても高いです。見れなくても、見れなくても関係なしに、高いほうを契約させて自分の営業成績に反映させようとしている可能性もあります)

もし、入居されている建物が衛星放送に対応していない物件であれば、その旨を伝え、追い返しましょう。

次に、相手にしないことが大切です。

そのためには、確実に相手を追い返すことが必要です。そもそもアポ無しで来た人に何故相手にする必要があるのでしょうか?

私が最初に追い返せたのは、「大切な約束があること」「失敗したら大変な事になる」と二重三重に脅しをかけたことです。

人間も「自分のせいで相手に損を与えた」と考えれば後味が悪いです。なので、きちんと理由をつけて追い返しましょう。

それでも、追いすがる場合は、「貴方の部署と名前を教えてください。営業所に確認し、それから検討させてください」と相手の身分を明らかにさせることです。

身分が明らかになってしまえば、下手に強気に表に出れません。

なので、相手の身分と名前、営業所をはっきりとさせ、「契約するかしないかはそれ以降」とするのです。

自分のマズイ対応が営業所の耳に入ったら。そう考えても、強気に出れる営業マンは、底が知れています。なので、相手にする必要はありません

NHKは契約しなければならないものなので納得して契約しましょう

納得
アポなし訪問。オートロックを掻い潜っての夜8時すぎての訪問。

はっきり言って、営業マナーはありません。まともな人ではありません。

無理に対応する必要はありません。

仮に、失敗して対応しても、決してドアを開けないこと。入ってしまえば、勝手に部屋を盗み見て「テレビがある!」と騒ぎ立てます。

なので、決して、ドアは開けないこと

オートロックを解除して欲しい。契約して欲しいと、執拗に言ってくる場合は、「部署と名前は?」と聞いてください。

部署と名前すら言えない人は果たして本当にNHKの人でしょうか?

NHKの営業マンであれば、首からホルダーを提げています。その中に名刺があるはずです。

部署と名前を聞いて、ポストに名刺を入れてもらいましょう。

相手の身元を確認したら、きちんとNHKにクレームをいれましょう。

そして、NHKに対し、

「アポなし訪問。執拗に契約を求められた。このような事は非常に困る。契約する意思はあるが、非常に不愉快な対応をされたので少し時間が欲しい」

と言いましょう。

相手も人間です。自分側に非があれば強くは出れません。

ですが、NHKはいずれ契約しなければならないものです。心を落ち着けて、納得した時に契約をしましょう。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です