大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

結婚2年目の主婦が無茶なNHKが来た時にすべき対処方法

主婦

初めまして、現在結婚3年目の主婦です。NHKの無茶な営業が来たのは結婚2年目の時です。

NHKだけでなくテレビさえ見ないにも関わらず、

「携帯でもワンセグが見れるから契約しなければならない」「携帯がなくても、車のカーナビでテレビが見れるでしょう」

といって契約させられた事がありませんか?

NHKは1度契約するとなかなか解約に応じてくれない

ばつ
夜中にいきなりNHKが来て、契約させられました。

夜中という非常識な時間に突然来た事で、とても驚きました。

インターホンでの対応をしようとしたのですが、ドアを開けて出てくれ、と言われ怖かったです。

NHKは見ないので帰ってださい、と言ったのですが義務だと言いテレビを見なくても家にあれば契約しなければならないと言われ、帰ってくれませんでした。

その時に一人だった為強く言えずとても怖く、その場で契約させられました。

後日テレビを見ないので解約をしたいと言ったのですが、カーナビがあるだろう、携帯でテレビが見れるだろうとしつこく言われ解約させてもらえませんでした。

その後テレビが壊れたので解約させてほしいと連絡したのですが、事実かわからないからとなかなか解約させてもらえませんでした。

解約できそうになった時、また携帯は持っているのか、車のカーナビでテレビが見れるのではないか、と聞かれました。

携帯は持っているのですが、ワンセグの為電波が悪くテレビがほとんど見れないと伝えたのですが、少しでも映るのならダメといわれてしまいました。

少し映るだけでNHKとの契約を継続させられるのには、納得ができませんでした。

また、カーナビも同じで電波が悪く、運転中にテレビも映らないのに納得のいかない事だらけでした。

反抗すると相手も強気になるので刺激しないようにしましょう

抑える
NHKの営業の人は毎回違う人が来ました。

なので、優しそうな人、怖そうな人、夜中に来る人やお昼に来る人様々でした。

また、営業の方はどこかの会社に委託して仕事を行っているそうなので、強く言ってこない人もいます。

断れそうな人の時だけインターホンで確認し、断るということをした方がいいと思います。

また、こちらから言わなければ執拗にテレビ環境や携帯、車のカーナビについて聞いてくることはないと思います。

なので、こちらから言わないのも良い手だと思います。

そして、「不安なのでこちらから契約させていただきます」といい、契約書やパンフレットを置いて帰ってもらうということを繰り替えしたらよいのではないかと思います。

それでも、しつこくNHKの営業の方が来るようならテレビを一時家族や親戚、友人に預かってもらうとよいと思います。

そしてテレビはないので契約はできないというのがよいでしょう。

煽るような事を言うと、義務だから、法律で決まっているから等を言われてしまうので、あまり刺激しないように、また、契約する意思がないというような反抗的な態度をとらないようにした方がよいです。

あくまで、テレビはないや、今ここでではなく、こちらから契約すると伝えましょう。

もめないためにも玄関を開けないようにすべき

玄関
NHKの営業の方はインターホンに映るように名札のようなものを見せてきます。

NHKでなくとも、知らない人の場合セールスが多いでしょう。

なのでまず、玄関を開けない方がよいと思います。

玄関を開けなければ契約をさせられることはありません。

また、友人や家族の知り合いの場合は一度連絡が来たり、訪問後連絡が来たりします。

地域の方の場合でも同様、用事がある方はポストに手紙等入れていくでしょう。

なので、誰が来ても開けないようにするべきだと思います。

そうすることでNHKとのトラブルに発展することはないでしょう。

もし、契約をしないと何かを言って来たり、法的対処をすると言ってきたとしても、気が付かなかったと言えばよいのです。

気が付かなかったのと、テレビがあるのに契約しなかったとでは全然違います。なので、それにより何かの刑罰を下されることはないでしょう。

また、もし手紙などが届いても書留等でなければ届かなかったと言えるので、それも無視しましょう。

NHKとは契約しないと戦うのではなく、無視をするのが一番良いです。

また、うそをつく行為はあまりよくはありませんが、テレビがないと伝えるのが一番良いでしょう。

テレビがないと伝えるのが一番もめずに済む方法なのです。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です