大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

女性の一人暮らしに非常識なNHKが訪問してきた時にすべき行動!

一人暮らし

現在30代の主婦です。初めてHNKの営業が来たのはひとりくらしを初めてすぐの時でした。

HNKの営業は大抵が中年の男性です。高圧的な対応の人も多いようです。

二言目には義務、義務、と言われてわからないままに契約をしてしまったことはありませんか?

夜分に訪問に来た非常識なNHKに不安を感じた

不安
当時住んでいたマンションは有料チャンネルが登録できる物件だったのですが、私は登録していませんでした。

それなのに、建物自体が有料チャンネル可の物件なので、こちらの高い方の金額になります。と言われるがままに契約してしまいました。

NHKの方と言っていましたが、特に名刺をくれるわけでもなく手書きの領収書だけしかもらえず不安に感じました。

来たのもあまりきちんとした格好ではないおじさんでしたし、夜8時をまわっていました。

玄関を少し開けただけで、向こうから大きく開かれて閉められないように体を挟んできた時は怖さを感じました。

最初から最後まで強引な感じで、ちょっとこちらが疑問に思って質問した事にたいして(テレビを見ていないが必要なのか?といった質問)

そう!契約しないとダメ!見てなくても!払わないと!!

と怒った感じで言われました。

今思えば女性の一人暮らしの部屋にあんな時間に来るなど非常識だと思います。

その後数年支払いましたが、調べれば調べるほど契約した時の男性に腹が立ってきましたし、地デジ移行で本当にテレビが映らなくなってしまったので解約を申し出ました。

解約の際もオペレーターの方が本当にしつこくて、なんどもテレビがなくても携帯やカーナビがあれび解約できませんと言われました。

なんとか解約できても、解約はしましたが、また担当の者が契約に伺います。と訳がわからないことを言われました。

しばらくテレビは映らないので来ないでくださいと伝えても、そういうわけにはいきません。の一点張りで、まったくこちらの意向をきいてもらえませんでした。

何と言われようとテレビがないと答えるべき

いいえ
私の場合はインターホンに出て、NHKだとわかっていたのに玄関まで出てしまったことだと思います。

まずは玄関に出ないこと。これが一番だと思います。

特に女性の場合、相手を怒らせるとどうなるかわからないというところもあり、早く帰ってほしいと思っても契約してしまうことがあると思います。

なので絶対に顔を合わせてはいけません

あとはとにかく何を言われても、テレビはない、契約はしません。これをハッキリと伝えることです。

見ていない、などと言えば、テレビがあるということですね!では契約を!と言われてしまいます。

一度テレビがあると言ってしまえば一旦は帰っても何度でも来てしまうようです。

あまりこちらから色々と話はせず、契約はしません、と言い続けることです。

契約はしません、すみません、お帰りください。

これを伝えても帰らなければ警察に通報するといえばすぐに帰ると思いますが、できれば恨みをかうようなことはせずに穏便に帰ってもらいたいですよね。

お帰りください、でも帰らない時は、本当にテレビはないんです、家に入って確認してもらっても構いません。と言ってください。

営業に来ている人はなぜか絶対に家に入ってはきません。きっと入ってはいけないと言われているからだとおもいます。

確認してくださいと言えば、諦めて帰ってくれることがほとんどです。

NHKの営業ではなく、お客様相談センターへテレビが無い旨を伝えましょう

お客様センター
みんな知っていることかもしれませんが、予定のない訪問にはインターホンすら出ないのが一番いいです。

モニターがついていればわかりやすいです。

小さな黒っぽい機械をもって、首からなにか社員証のようなものをぶら下げている人は高確率でNHKの営業です。

万が一出てしまったら、家のものではないからわからないなどと言ってとにかく帰ってもらいます。

その時にあとでこちらから連絡するように伝えるから、名刺でもポストに入れておいてください。といえばわりとすんなりと引き下がることが多いです。

なぜか名刺は入っていたことがありません。

あとはNHKのお客様相談センターのようなところへ電話をして、訪問にきてもらったようだけど、うちにはテレビがないので契約はできません。

営業の方にはもう来ないようにお伝えください。

と言えば、一度だけテレビの有無を細かく聞かれますがその後はすんなりと処理をしてくれました。

オペレーターとの会話はおそらく録音されていると思うので、あまり無理なことは言えないのでしょうか。

その後は1、2年おきにまた営業がきますが、同じく手順でいけばなんども営業がくるようなことは無くなりました。

少し手間がかかりますが、ストレスのかかる訪問がなくなるのでスッキリします。

大学生がたった1つのブログで自由を手に入れた話

ブログビジネス大百科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です